ギャンブル依存症を自分で治したいなら無料相談を試そう

ギャンブル依存症

リカバリーサポートネットワーク(RNS)をご存知ですか?

パチンコ店なんかで見かけることの多い リカバリーサポートネットワークのちらしのやつですね。

電話してみたらどういうサポートを受けられるのかを書いておきます。

リカバリサポートネットワークってどんなとこ?

リカバリサポートネットワークは20062月に設立されたパチンコ・パチスロの遊技に関する依存の支援のためにつくられた組織です。

全国のパチンコホールが加盟している全日本遊技事業協同組合連合会が発足させた「ぱちんこ依存問題研究会」内での会議がきっかけで立ち上げられたようです。

なので親団体は全日遊ということになります。

120件ほどの相談が来ているみたいです。

無料相談でどんなことをするの?

相談というより質疑応答のようなものです。決められた質問をするといったようなもの。

例えば、

パチンコとスロットどっちをやる?どの機種を打つのか?
どのくらいの頻度でパチンコ屋に行くのか?1回あたりの軍資金は?
借金はある?あるならどれくらい?
ギャンブルを始めたきっかけはなんですか?
いつ頃からギャンブルで問題を抱えるようになったのか?

などなどで、ほとんどの質問は自分の現状を把握させるための質問です。

それを口に出してアウトプットするという過程を経て、気づきを与えてくれるようなサポートになっています。

その無料相談って効果ある?

効果のほどはそれほどあるとは言えないでしょう。具体的な解決策を提示してくれるわけでもありません。

キャッシュカードを持ち歩かないとかの作戦もそれほど強制力を持っているわけではありません。自制心の弱い人で独り身の人になればなるほど破ってしまう可能性はたかいでしょう。

1ヶ月に1回電話するなんて自分で決めていたとしてもパチンコやった月にやってないと嘘をつくことも可能です。

ではどう治療するのか?

こちらにも書きましたが、強制力を持つ方法を使うことをおすすめします。それから金をゲーム感覚で稼げるような趣味をもつことです。

ギャンブル、酒、タバコ、全ての依存症には共通点がある。その対処法とは?
アルコール依存、ギャンブル依存、ニコチン中毒、全ての依存習慣の解説とサクッと対処法を教えます。 この記事では依存症の代表格である酒、タバコ、ギャンブルを取り扱って全ての依存症に共通する特徴と対処法を学んでいけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました