海外では当たり前?選挙プランナーになる方法

裏仕事

実は日本でも随分前からあるこの仕事。ニッチな仕事ですが顧客が全国の議員となりますので結構な数になります。ビッグデータを扱う自分としてはこの選挙をビッグデータで攻略するっていうのはいかにも欧米らしい考え方でとても興味がありましたので調べてみました。

選挙プランナーってどんな仕事?

 

 

選挙プランナーとは、選挙戦を勝利に導くため科学的根拠に基づいた調査・戦略・戦術を企画し、勝利への実行アドバイスを行う者です。選挙プランナーの主戦場は地上戦中心の選挙より、空中戦が求められる比較的大きな選挙です。2008年にドラマ「CHANGE」で阿部寛が演じた韮沢勝利が名乗ったことで日本では一般的な名称となりました。

報酬、収入は?

 

 

上記の企業はかなりオープンに料金体系を書いていてくれました。コンサルティング料はなかなかですね。市議会議員で顧問料が月額10万円からとのことですが、これだけの金額を支払える市町村の市議会議員はなかなかいないような気が。意外と田舎の市議会議員って給料安いです。その分仕事もしてないけど。この弁護士ばりの顧問料から察するに会社自体は顧客がつけばかなり潤う仕事であることは間違いないです。

しかしながら、従業員として働くとなると会社が潤っていようが給料がもらえるかは社長次第。さらに見るところ社長のコネで顧客(政治家)をゲットして顧問料をいただくというのが多いみたいなのでほとんどの選挙プランナー事務所は中小企業。正直社長ワンマン的なとこが多いみたいですね。

どうやったらなれるの?

 

 

選挙プランナーになる人のほとんどは政治家の傍にいた秘書の方です。秘書を通じて政財界を学び、またその時の政財界のコネなどを使って顧客獲得を行い独立していくというパターンが多いおみたいです。しかしながら、近年ビッグデータの解析を使い統計学から選挙を考えるコンサルタント会社などが出てきていることも事実。

会社の代表をやっている方は元秘書さんなんかが多いみたいですが、採用している人材募集している会社さんなんかは行政書士の資格を持っている人、政治に精通している人、ビッグデータの扱いに長けている人などを採用しているみたいですね。

こちらに求人の要件が載っていましたのでご参考までに

稼ぐならダウンロードしておくべきおすすめアプリ

いわゆる単発系のバイトを扱っているサイトなのですが使いやすさが圧倒的に違います。

隙間時間を有効活用したい方、フリーランスでの時間に空きがある方。現金確保しておくと精神の安定度が圧倒的に違います。気分転換に運動系の仕事をやるのもいいかもしれません。

単発バイトアプリ「シェアフル」
暇つぶしにサイトを見るくらいなら、どんな仕事があるのか?さがしてみるだけで格段に質のいい情報が手に入ります。おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました