カンボジアで流行したカジノ詐欺の手口。

裏仕事

https://note.com/ba9pa9/n/n648c7641b043

数年ほど前から現在も横行しているカンボジアの詐欺のお話。

こちらの記事です。100円で有料記事を出されている20前半の方の記事。

文章から伝わってくる人のよさと純粋さ。100円の有料記事なので思わず買ってしまった。

カジノ詐欺の概要

これは実際にカジノ内で起きるものではなく、ほとんどが一軒家に連れて行かれて簡単なトランプゲームをやろうという話からスタートするものですね。

詐欺グループは最低3役で構成されています。

案内役、熟練カジノディーラー、ビッグプレイヤー、場合によってはプラス他のプレイヤーたちって感じ。

スタートは案内役の男があなたに話しかけてきます。大体のケースで金持ちのアジア人を狙うことが多く、被害に遭っている方は英語が話せるとは言え、まだ若かったり留学生が被害に会うことが多いみたいですね。なので被害額も10万円とかいったレベルなのでそこまで大きく無いものの20代だといい勉強になったなって金額じゃないですよね。正直海外で怖い気持ちはわかるが、若い世代にもやり返す気持ちは持って欲しいです。やり返さないから、金額をふっかけられるわけで。

詐欺の手順

1、まずはあなたに接触してくるのがこの案内役、彼らは必ずといっていいほど日本が好きだの親日アピールをしてきます。日本人を家に招きたいからと家に移動することからこの詐欺は始まります。

2、一軒家はごく普通の住宅地にあるもの。そこであなたはカジノディーラーやトランプの熟練者なる人を紹介されます。彼とゲームで遊んだり、イカサマの方法を教わります。そうこうしている間に今度はカモ(ビッグプレイヤー)が家にやってきてこれから賭けをやるので参加しないかと持ちかけられ、否応なしにゲームに参加することとなる。

3、賭け金の額がだんだんと増えていく。途中でゲームをやめると行ってもやめさせてもらえない。負けている場合は当然お金を払えと要求されるし、勝っている場合でもゲームに負けた場合の担保を用意しろとゲーム途中で言ってくる。

4、ここで金目のものをかき集めるという作業をさせられとりあえずは手元にある金目のものを担保にすることとなる。彼らの目当てはこれ。

5、これらを一旦担保に残りの金額をかき集めるため、一旦ATMやホテルに戻るよう促される。がそこで一旦金を集めて戻ろうとしたところで彼らは消えている。というもの。

6、実際には、これプラスで本当に下ろした金を支払ったり、クレカを切らされたというケースもあるみたい。またはかき集めた金も巻き上げる。要は相手に応じての2段構えってことですね。

遭遇したなら?

これは高確率で言えることなのですが、相手から話しかけてくる現地の人間は基本無視してください。日本語が喋れるとかはもう怪しさ満点です。更に言うなら、日本人であっても向こうから話しかけてくる輩は無視した方がいいです。同じレベルで怪しいと思ってください。

記事の彼のように異文化交流したいとか言う気持ちがあるなら必ず自分から相手に話しかけましょう。これは正直、東京でも同じです。どこの国に行っても話しかける人は自分で選んでください。相手から来るのは基本無視です。これは私のルールですが。

考えてみてください。日本でも、ネットワークビジネスやるような輩は必ずあっちから話しかけてきますよね?大概のケースでどこの国でも相手から来るやつは怪しいと思ってください。

ちなみに小さいレベルだとタクシーでも詐欺

彼らはぼってきます。とにかくぼってくるのはアジア圏では常識。カンボジアはそこまでしつこく無いのですが如何せん英語がきたなく文法、発音共に悪いので、自分のリスニングレベルが低いだなんてひるまないでください。適切な英語で喋れ、お前、俺の行ってること理解してんのか?と言ってください。英語が苦手だからと下手にでるひつようはありません。基本、下手に出て親切すると彼らはつけあがります。何も現地交流するからと言ってタクシードライバーと仲良くする必要はありません。

余談ですが、ちなみにぼったくりワーストはバリ島です。恋愛慣れしてない日本人女性がバリ島で現地人の彼氏ができたと聞くと胸が痛くなります。特に30代の方。日本で男性から声をかけられなくなったからといって、ちやほやしてくれる場所を探すのはやめましょう。高飛車に待ち構えていてもいい人は来ません。いい人は自分から話しかけてゲットしてください。

カンボジアでの最適移動手段

私は今でこそトゥクトゥクはアプリで呼びますが、それ以前にカンボジアを訪れた際の値段交渉は基本こっちが値段を決めても特に問題なかったです。もちろん常識の範囲内ですけど。1か2ドルね。

カンボジアではこのアプリがuberより便利です。こちらの方がとてもわかりやすい記事を書いてくださっているので是非参考にしてみてください。

https://cambodia-angkor.com/passapp/

同じような内容の記事も無料で転がっているのでこの二つなんかもよかったら目を通してみてください。

http://animaltraveler.com/2017/05/17/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%81%A7%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E3%81%AB%E6%B0%97%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%A6%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8%EF%BC%81%EF%BC%81%E8%A9%90/

http://combodia.hatenablog.com/entry/2014/06/18/013424

コメント

タイトルとURLをコピーしました