パチンコ依存症になった女の末路

ギャンブル依存症

地方都市にてパチンコ依存症に落ちいる女性がかなり多いので末路の紹介です。

末路というと少しおおげさですが、パチンコ依存症なり他のことでも金銭的トラブルを抱えた女性が行き着くところは風俗です。もちろん風俗にもいろんなスタイルがあると思いますが割愛します。

ギャンブル依存症へのデリヘルビジネス

問題はこのパチンコ依存症につけ込んだデリヘルビジネスです。そちらの紹介。

パチンコで借金をしてお金を借り、そのお金を返すために風俗や援交を行うというのは一連の流れのようになっていますが、問題はこのデリヘル業者です。

田舎のパチンコ店はかなりの駐車場スペースがあり、基本死角になっていることが多いです。

車で行為を行ったりするわけですが、問題はこのデリヘル業者は車をパチンコ店に駐車するというところ。

当然、待機中のデリヘル嬢は我慢ができなくなり暇つぶしにギャンブルをするわけですが、当たり前のように金は消えていきまた客を取るという無限ループを繰り返しているという。

どう考えてもギャンブル依存症につけ込んでいるとしか思えないやり口ですね。ミニバンの中で待機する女性はアプリでスロットをやってたりするのが定番らしいです。

ホストにハマる風俗嬢の実態

ちなみに女性が金欠に陥っている対象としてホストクラブが挙げられるがこの事例は結構珍しいです。

冷静に考えればわかるのですが、普通に働いている子は基本的にハマるほどお金を持っていません。ハマってエスカレートして風俗に流れたなんて話も確かにありますが、実際は因果関係が逆です。

もともと風俗で働いているまたはキャバ嬢で浮き金がありストレス発散として通っているというのが一般的です。

この手のタイプはキャバ嬢なんかだとただのストレス発散とか愚痴を聞いてもらうためだけにホストクラブに通っているという人もいます。

借金をしているというよりは有り金で遊んでいる子が大半です。その反面、貯金も一切していませんが。

パチンコ店で働くのも依存症の避けたほうがいい

たまにパチンコ店で働いている人女性も見かけるが、依存症の疑いがあるなら時給が高かろうがすぐにやめることをおすすめする。

これもケースとしては、パチンコが好きで行くよいうになってからパチ屋で働くようになったなんてケースがほとんどですが、脱パチンコ依存症を目指すなら確実に1歩目は職場を変えることが必要です。

パチ屋に勤めると彼氏が同じ職場で共通の話題がパチンコとかは普通にあります。

初任給が高い分、稼いだ余剰分をすぐにギャンブルにまわすとか本末転倒です。

どうせギャンブルでなくす金なら、最初から給料なんて低くてもいいと思います。

末路としてどんな状態の人が多い?

最終的な着地点は借金地獄になっているというよりは、40歳でも貯金ゼロとかスった分の生活費のために風俗で働くかで埋め合わせをするという人が大半です。

人に迷惑をかけないギリギリってとこでやっているということなのかもしれませんが、急な出費がある場合どうする?

結局直したいのならお金が増えるのを楽しむこと

これは至極当然ですが、結局依存症を直したいのなら貯金するのがいいです。そして、なおのこと貯金をして金を貯めるゲーム感覚でやるなら、副業をパチンコの代わりに始めるのをおすすめします。

よかったらこっちの記事もどうぞ。

ギャンブル、酒、タバコ、全ての依存症には共通点がある。その対処法とは?
アルコール依存、ギャンブル依存、ニコチン中毒、全ての依存習慣の解説とサクッと対処法を教えます。 この記事では依存症の代表格である酒、タバコ、ギャンブルを取り扱って全ての依存症に共通する特徴と対処法を学んでいけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました