ギャンブル依存症のための無料相談窓口と施設、サポートまとめ

ギャンブル依存症

パチンコ依存症のための相談窓口として有名なのがリカバリーネットワークという全日遊の団体です。

パチンコ店に行くとこういったパンフレットを目にすることがあるかと思います。

ギャンブル依存症のための無料相談サポートはじつはこのリカバリーネットワークだけではありません。

ほとんどが一般財団法人になっていますので非営利目的の法人となっていますが、当然施設利用にサポート料金が多額にかかったりするのでご注意を。サポート員は元ギャンブル依存症の方がいてくれたりするのはどこの団体でもよく見受けられますね。

このリカバリーネットワークより歴史の長い団体もありますのでよかったら参考にしてみてください。

団体一覧

ギャンブル依存症予防回復支援センター

http://www.gaprsc.or.jp/

2017年に発足したギャンブル依存症のための支援団体です。

母体はモーターボート競走になります。ギャンブル利用者の数で言えばパチンコや競馬と比べるとそれほど多くはないですが、ハマっている人はハマっていますね。

24時間体制で無料電話サポートしているようです。

ワンネスグループ

https://oneness-g.com/gambling/

ワンネスグループはもとが薬物依存症患者をサポートすることを目的としています。2005年に発足して以来、その依存症サポート過程で領域をアルコールやギャンブルに苦しむ人にまで広げられています。

施設を入所してプログラムを通して自立を図っていくようですが月費用が25万円となかなか高額です。

週末の通所するタイプのプログラムも存在するみたいですが、メインは入所と共同プログラムみたいです。

非営利といいつつ、かなりの金額をとるので入居目的の方にはお勧めできますが、お金のない方はやめておいた方が無難です。

グレイスロード

https://gracelord.jp/

こちらのページに載っていますが、費用は毎月16万円ほどかかるようです。入所が必要な中では比較的良心的な値段で運営されているのとプログラムをきっちり設けていることが好印象です。

ギャンブル依存症問題を考える会

https://scga.jp/

毎月ギャンブル依存症患者を抱える家族同士の相談会を設けているようです。会費が二千円かかります。良心的な値段ですが、自助会に入ればほぼ同じサポートが無料でうけられます。

こちらの団体は特に依存症患者の家族に向けて特化したサポートを行っているので有益な情報を得られるかは定かではないですが、言ってみる価値はあると思います。

NPO法人全国ギャンブル依存症家族の会

https://gdfam.org/

こちらの団体はグレイロードの入寮者の家族が結成した家族会です。

関東を中心に支部会が結成されています。特に参加費等は明記されておりませんが参加費無料のセミナーを行うなど良心的な活動をされている団体です。

コメント

  1. […] ギャンブル依存症のための無料相談窓口と施設、サポートまとめギャンブル依存症支援団体のサポート内容と無料相談等、費用を見比べてみました。number009.com2020.07.20 […]

タイトルとURLをコピーしました