ギャンブル依存症治療への公的医療保険の適用で治療費が安くなる?

ギャンブル依存症

現在、ギャンブル依存症の外来患者は増加傾向にあります。今後IRオープンに向けて最も重視される分野がこの依存症対策分野。

ギャンブル依存症対策の保険適用に厚生労働省は概ねの同意を発表しました。

今のところ保険は適用外ですが、ご検討なさっている勇気ある方々のためにだいたいの見積もり費用を載せておきます。

ちなみに当サイトでは外来や通院といった方法よりもまず自身で治してみることをお勧めしています。よかったら他の記事も参考に見てみてください。

ギャンブルがやめられない?ギャンブル依存症かもと思ったらすぐに原因と症状をチェックしよう
あなたがいまギャンブルで感じている高揚感はお金で買っているものだから。

 

ギャンブル、酒、タバコ、全ての依存症には共通点がある。その対処法とは?
アルコール依存、ギャンブル依存、ニコチン中毒、全ての依存習慣の解説とサクッと対処法を教えます。 この記事では依存症の代表格である酒、タバコ、ギャンブルを取り扱って全ての依存症に共通する特徴と対処法を学んでいけたらと思います。

ギャンブル依存症治療の費用はいくら

通院

病院などの公的機関の場合は1回あたり2000円程度です。

民間のカウンセリングなどを行なっているところは1回あたり30分で5000円ほどぐらいが相場となっているみたいです。

ギャンブル依存症を治すのにかかる期間は平均3年ほどと言われています。もちろんかなり個人差はありますし、依存症自体何をもって治療が完了したかが不明確です。個人的には3年間全く行かなかったのであればそれは完治したと呼んでももちろんいいと思います。

仮に週1回ほどカウンセリングに行くと仮定して平均の月費用は15000円程度と仮定すると年間18万円、3年なら54万円ですね。

入院プログラム

ちなみに入院プログラム等も存在しています。このケースだとだいたい3ヶ月ほどを1プログラムとして提供している期間が多く、その費用は約50万円程です。

こういった入院プログラムの費用が保険の適用になるのはかなりでかいですね。

特に依存症本人は貯蓄を持っていないケースが多いので、費用はご家族が負担するケースが大半だと思います。

最悪のケースの場合、50万円を捻出するためにまた消費者金融を利用するなんてこともあり共倒れなんてことも考えられますからありがたいですね。

現状では入院プログラムが適用可能かどうかは未決定です。

どの病院がおすすめ?

やはりおすすめは久里浜医療センターでしょう。神奈川にあるので関東近郊にお住いの方はおすすめです。

関西であれば大阪精神医療センターをお勧めします。

通院可能な地域であること、ギャンブル依存症に専門性をもった高い知見のある医院を選ぶことをお勧めします。

コメント

  1. […] ギャンブル依存症治療への公的医療保険の適用で治療費が安くなる?ギャンブル依存症にも保険が適用される時代がくる。依存症の通院に関わる治療費はいくらかまとめました。number009. […]

タイトルとURLをコピーしました