ギャンブルがやめられない?ギャンブル依存症かもと思ったらすぐに原因と症状をチェックしよう

ギャンブル依存症

ギャンブルやパチンコ、ネットカジノに使うお金が増えた方にみてほしい記事です。

もし自分がギャンブル依存症っぽいことしてるかも?少しでも疑っているなら手遅れになるまえに素早くセルフチェックをおこなうべきだと思います。

もちろん一般的なチェックリストだけでは当然判断できない部分もありますので、このサイトには最も有名なチェックリストとギャンブル依存症によくみられる症状事例を載せておきますので参考にしてみてください。

ふざけたことを書くことも多いブログですが、ギャンブル依存症に関しては真剣です。

簡単な項目チェック

ギャンブル依存症チェック – 医療法人十全会 聖明病院

ギャンブル依存症の症状

冒頭にも説明したように項目に多く該当するからといって、必ずしもギャンブル依存症ということではないと私は思っています。
私の知る限りでギャンブル依存症の症状に近しいものとしてあげられるのは

使ってはいけないお金に手を出している
負けの分をギャンブルで取り返そうと考えてる
ギャンブルを止めようと思ったけど、やってしまうドキドキ感やリスクを味わうためにギャンブルをしている
やってない時にギャンブルのことばかり考えてしまう
ギャンブルで負けた金額など嘘を言っていることがあるギャンブルするために借金をしたことがある落ち込むことや、嫌なことから逃げるためにギャンブルをしてしまう

これらの項目は実際に依存症の方によくみられる症状です。共通する項目が多い場合は注意が必要です。

ギャンブル依存症の原因はどこからくるのか?

大まかにあげられるケースとして以下のものが考えられます。この原因を考えるというのはとても大切なことです。何が原因でギャンブルに手を出したくなるのかは人それぞれですが、この原因を知ることが依存症を治す第一歩になるからです。

私の体験談として、シンガポールに住んでからというものよく飲みたくもないのに食事中は酒を注文するようになりました。この理由は、シンプルに飯がまずかったからだと思います。結果としてビールを注文するので食費も高くなるなら、多少高くても日本食のレストランを利用した方がはるかにいいです。

原因の例として、

  休日にギャンブル以外やることがないし、楽しくない
確変のときの快感が忘れられない趣味がギャンブル以外にない
周りの友達もギャンブル仲間
ストレス発散や嫌なことがあった

などがあげられます。代替案を探すのがむずかしい原因もあります。しかしこのギャンブルの原因は何もギャンブルじゃなくても、酒やタバコもこれらが原因でやめられない状態になってると思いませんか?

要は依存症とは心の拠り所にしていることなんです。依存症っていうのは文字通りその依存度が強い状態のこと。それが軽度のものであれば依存症とは言えないのです。

つまり自分の許容の小遣いの範囲内で遊んでる分には生活や仕事に支障をきたさない限り、趣味の範囲と捉えることができるということです。

ギャンブルは決して儲けようとするのでもなく、あくまでも楽しむものとして捉えることが重要です。

ギャンブル依存症の自力で対策

上記の4つの場合、私ならどう対処をするのかについて書きたいと思います。あくまでも自分なりの対処法です。

休日にギャンブル以外やることがないし、楽しくない

これはそもそもギャンブルをやるから他のことに時間を使えなくなっている状態です。土日に遊園地に行くとかそういうのがつまらないのであれば、金を稼ぐ趣味を見つけるのが最適です。ゲームの実況中継とかありきたりですけど、お金を失うよりも稼ぐことに時間を費やした方が楽しめると思います。

確変のときの快感が忘れられない

気持ちわかります。しかし、ギャンブル以外でもこういうことって存在します。ツイッターがバズるなんかもツイートする理由になるんじゃないでしょうか。

しかし考えてみてください。パチスロはバズっても20万円ですよ。たったの20万円。1日かけて20万円です。パチンコ依存症に低所得者が多い理由はこれです。金持ちからすれば、あんな空気が悪くて腰を痛める環境に何時間も座って20万円とか健康を害するからやらないわけです。

その確変、金費やしてもらってるものだから楽しいのかもしれませんけどいったいいくらの価値なんですかね?

金払って遊ばせてもらってるゲームだからチャンスはいっぱい来るけど、引いてたった20万円って。

虚しくないですか?その20万円だってどうせ軍資金とか言ってギャンブルで消えるのに。

快感よりも、着実な稼ぎに快感を覚えましょう。少ない金額でも着実に稼げるものです。

趣味がギャンブル以外にないし、周りの友達もギャンブル仲間

これに陥っている場合は、その場所に行くのをやめましょう。パチ屋に行くぐらいならオンラインカジノに変えるべきです。もちろん適切な金額で遊べないなら、問題があるのは間違いないですが。とにかくギャンブルを行うきっかけを減らしていくことが肝心です。

厳しいかもしれませんが、ギャンブル仲間は切ってください。タバコ仲間と同じです。

作らない方法はその場所に行かないこと。それだけです。同僚に誘われたらどうするか?ギャンブル依存症だと伝えてください。それでも誘ってくるアホは友達でもなんでもないです。切りましょう。

ストレス発散や嫌なことがあった場合

これは正直、ギャンブルに限らず、依存症になるとストレスとか嫌なことがあった場合それに走る傾向があります。逆にいうと、物事がうまくいっているときは何をして遊んでもいいんです。

嫌なこととか、まずいことが起きた時に楽しいことに走るって癖がまずよくないです。

酒、タバコ、ギャンブル、全部同じです。

まずいことが起きたらまずは、それが自分で解決できる問題かどうか考えましょう。解決できないなら放置です。考える時間が勿体無い。解決できるなら自分で解決策を考えましょう。でないと楽しいことやっても結局その後に嫌なことだけが残っています。

解決してから楽しいことやりましょうよ。ただそのときに覚えておいてほしいのが、問題を解決した時の高揚とギャンブルの時の高揚どちらが楽しいかということです。

別物だって?その通り、ただあなたがいまギャンブルで感じている高揚感はお金で買っているものだから。その楽しいと思う高揚感を金で買うなら、金を稼いで感じましょう。

もちろん、そう感じる機会は少ないです。当たり前です。ゲームじゃないから。ただしあなたがプレイした分手元にお金は残ります。少ない金額でも。

コメント

  1. […] ギャンブルがやめられない?ギャンブル依存症かもと思ったらすぐに原因と症状をチェックしようあなたがいまギャンブルで感じている高揚感はお金で買っているものだから。number009.com […]

タイトルとURLをコピーしました